院長紹介

井島喜弘(いじまよしひろ)

経歴
  • 1997年
  • 2001年
  • 2002年
  • 2003年
  • 2007年
  • 2008年
  • 2013年
  • 神奈川歯科大学卒業
  • 同大学大学院口腔外科学修了 歯学博士
  • 社会保険紀南綜合病院顎顔面外科 臨床研修医
  • 医療法人藤慈会藤井病院歯科口腔外科 科長
  • 神奈川歯科大学付属横浜研修センター横浜クリニック歯科口腔外科 医員
  • 同大学総合歯科学講座歯科口腔外科学分野 助教
  • 双葉デンタルクリニック開業

インタビュー

――初めに、患者さんに接する際に心がけていることを教えてもらえますか?

まず、患者さんがどんな気持ちで来院されているかということを意識するようにしています。そのために、表情やしぐさなども注意深く拝見し、「傾聴」する心を忘れないようにしています。

そして患者さんのお話は、最後まできちんと聞く、また話の途中で「できる」「できない」を即答しない、ということも注意しています。何か思いを抱えて来院されているはずなので、そこをしっかりとヒアリングすることで、患者さんの「不安」に応えることができると考えています。

また常に患者さんの「心に寄り添う」ことを大切にし、親しみやすい安らかな雰囲気をつくることも意識しています。緊張している患者さんには落ち着いた声のトーンで話したり、小さな子供には同じ目線や話題を中心に話しかけたり、安心して話せる環境づくりを大切にしています。

――初めに、患者さんに接する際に心がけていることを教えてもらえますか?――初めに、患者さんに接する際に心がけていることを教えてもらえますか?
――次に、治療で気をつけていることやこだわりを教えてください。
――次に、治療で気をつけていることやこだわりを教えてください。――次に、治療で気をつけていることやこだわりを教えてください。

第一に「安全」です。患者さんが安全に治療を受けられるよう、対策をとっています。歯科器具はとがっているものが多く、常に細心の注意を払い安全に取り扱うことが大切です。従業員の方も患者さんも怪我のない環境が最も大切と考えています。

また、「音」「臭い」「光」は歯科治療独特の恐怖心を増長させます。ですから、この「音」「臭い」「光」に対する心づかいは、患者さんにとって快適な空間を生み出すと考えています。
まず、「音」については、タービン(歯を削る機械)にキーンという音がしない器具を選んでいます。

そして治療器具の金属の触れ合う音をなくし、衛生面を考慮して使い捨ての紙のトレーを使用しています。ほかにもリラックスできるような環境音楽を流すなど、「音」による不快感や恐怖心をなくせるように努めています。

また「臭い」については、院内にPM2.5にも対応しているエアフィルターを設置するほか、薬剤には臭いのないものを採用しているので、よくある歯科医院特有の臭いがありません。

それから「光」対策ですが、歯科治療のLEDライトは非常にまぶしく、視覚的な不快感はとても強いものです。治療の際、フェイスタオルをかけることで、この光を遮断し、顔にだ液や薬液が飛散することを防ぎ、さらに治療器具が見えないことで恐怖心を軽減することにもつながります。

患者さんにはリラックスした状態でいただけるように、タオルのかけ方、外し方もトレーニングするなど、一つひとつホスピタリティのある行動をとることを大事にしています。

――では、どのような医院づくりを目指していますか?

「すべて“患者さん”が中心の医院づくり」を目指しています。病院とは患者さんのためにあるものであり、スタッフのお給料も患者さんからいただいているものです。常にそういう意識を持ち、治療の成功をゴールにするのではなく、それぞれのスタッフが「患者さんの笑顔のため」というゴールに向かいながら、チームアプローチを進めていくことを大事に考えています。

私たちやスタッフが患者さんに喜んでもらえる事は何かを考え続ける事で、このような治療環境が作れるのではないかと思い、毎週ミーティングを行って「チーム医療」で取り組んでいます。

――では、どのような医院づくりを目指していますか?――では、どのような医院づくりを目指していますか?
――最後に、患者さんに向けてメッセージをお願いします。
――最後に、患者さんに向けてメッセージをお願いします。――最後に、患者さんに向けてメッセージをお願いします。

私たちは、患者さんを通していろいろな経験をし、成長させていただいています。至らない事もあると思いますが、確かな技術と優しさあふれる環境づくりで、誰でも安心できる医療を目指し、地域・社会に貢献させていただきたいと思っております。

痛みを取り除き、きれいな口もとになりたいと思われる方は、一度お気軽にご来院ください。一人ひとりのお悩みに寄り添い、適切な診療をご提案します。

ページの先頭へ戻る